ストーカーの姿を捉えられる場所はココだ~防犯カメラ設置場所~

防犯カメラを設置してストーカーの証拠を捉えよう 防犯カメラを設置してストーカーの証拠を捉えよう

侵入されやすいところに防犯カメラ設置

防犯カメラを設置しても、設置の場所を間違えると、犯人の姿を捉えることができず意味がなくなってしまいます。防犯カメラでしっかりストーカー対策をするためにも、効果的な設置方法を確認しておきましょう。

どこに設置すれば効果的なのか?

防犯カメラを設置しようと思っているんですが、どこが一番効果的ですか?
アパートやマンションに住んでいて、ストーカー対策として防犯カメラ設置するなら、「玄関」「窓」「勝手口」などが効果的です。これらの場所は、ストーカーが侵入してきやすいです。そのため防犯カメラを設置しておくと映像に写して、証拠を残すことができます。

防犯カメラ設置方法

カメラを取り付ける

防犯カメラ設置する際に、気をつけておきたいポイントが、取り付ける場所に強度があるかどうかです。防犯カメラを取り付けられないような材質、構造をしている場合は避けるようにしましょう。屋外に防犯カメラ設置する場合は、天井や壁、ポールに取り付けるのが一般的です。

電源を供給する

防犯カメラを作動させるためには、電源供給が必要です。防犯カメラ設置した場所の近くに電源を設置する、電源延長ケーブルを伸ばして設置するなどの方法があります。防犯カメラの中には、1本のケーブルで映像と電源を送ることができる、ワンケーブルカメラというタイプのカメラがあります。このタイプのカメラなら、レコーダーの近くに専用の電源ユニットを設置して電源を供給できるので、防犯カメラの近くで電源を供給する必要はありません。

ケーブルを繋げる

最後の手順がケーブルを繋げることですが、屋外に防犯カメラを設置する場合は、風雨や紫外線によってケーブルが劣化します。そのため、配管を使用してケーブルを保護して、劣化を防いでおきましょう。また、ストーカーに防犯カメラの存在を知られないためにも、ケーブルは露出しないようにしたほうが良いです。

防犯対策に詳しい業者のアドバイスを聞こう

防犯カメラを取り扱っている業者は、防犯対策の知識が豊富なので、ストーカー対策に効果的な設置場所を理解しています。業者に相談して、アドバイスをもらうことで、効果的に防犯カメラ設置ができるようになります。

TOPボタン